選ぶならこんなガスコンロがおすすめ

ガスコンロを新しく購入する際には、何をポイントに選べばよいのか素人ではなかなか難しいのですが、一つのポイント目安としてトッププレートの選び方があります。そもそもトッププレートとは何かというと、ガスコンロの中で実際に火が出るコンロの下の部分をトッププレートと言います。このプレートの素材が何で作られているかによって、見た目のデザインやお手入れのしやすさが大きく変わってくるのです。種類は主に4種類あり、価格の安い物からホーロー素材のもの、フッ素コート素材のもの、ガラスコート素材のもの、ガラスとなっています。ガステーブルコンロやビルドインコンロであれば、基本的にはこの4種類のどれかで作られています。ごく稀に業務用や一般家庭用の特殊なコンロで、ステンレス素材のガスコンロもありますが、これは需要も少なくかなり高級なのでほとんど見かけません。

ガスコンロのトッププレートによって違いがあります

ガスコンロで黒色の多いホーロー素材は、価格は一番安いのですが耐久性はあまり強くなく、表面の塗装が割れてしまうとそこから錆始めてしまうという点がネックになります。これはフッ素コート素材にも同じ事が言え、価格は安く済みますがその分耐久性には少々期待ができません。フッ素コート素材は主にシルバーが多くあります。次のガラスコート素材は、ホーロー素材にガラスでコーティングを施してあり、見た目はほぼガラスです。その為衝撃にも強く、色も様々なバリエーションが出てきます。更にガラストップと比べて価格も安く済むのも利点と言えます。ただこちらも強い衝撃などで、表面に傷が付いてしまい割れてしまうとその部分から錆が始まってしまう原因となるので注意が必要です。これらと比べガラス素材というのは価格が少々割高とはなりますが、トッププレートが全てフラットに作られているので、お手入れが圧倒的にしやすいです。

ガスコンロを選ぶならガラス素材がおすすめです

その上、ガラス素材なので塗装が剥がれる心配もありません。更にガラス素材は熱が伝わりにくいので、小さなお子様のいるご家庭などでうっかりトッププレートに触れてしまっても、火傷をしてしまう可能性も少なくて済みます。しかしガラスなので一点に大きく衝撃がかかってしまうと、割れてしまうという可能性はあるので気を付けましょう。ガスコンロを選ぶ上ではトッププレート以外にも魚焼きグリルは、重要なポイントとなってきます。水あり片面焼きに水無し片面焼きと両面焼き、この違いで魚焼きの性能も変わりまた価格も影響してきます。水無しグリルのほうが当然機能は良いものになるので、価格も高いのですがその分お手入れは簡単になります。ですが一つ言えるのは、水無し両面焼きグリルの場合は魚を動かす必要がない分網にくっついてしまう可能性は高く、洗うのが大変になる事は考慮しておく必要があるでしょう。