良いガスコンロを選ぶためのチェックポイント

引越しや買い替えなど、ガスコンロの変更をしなければいけないとき、どんな基準でガスコンロを選んでいるでしょう。設置する場所と大きさが合っているか、どのような機能が付いているのか、ガスの種類が都市ガスなのかプロパンガスなのかなど見ていくべきことは多くありますが、これだけは押さえておいてほしいというポイントがいくつかあります。もちろん、ガスの種類や設置場所のサイズは調べておかなければ使えないため、必ずチェックしなければいけませんが、ガスコンロを購入するのならこの2点以外にもチェックしておかなければいけないことがあります。ガスコンロを購入するときにチェックしておかなければいけないポイントとはどういったことなのか、注目すべき箇所とはどの部分なのかなどをごしょうかいして挙げていきます。

ガスコンロを購入するなら、ここを必ずチェックしよう

ガスコンロを購入するのなら便利な機能が付いているものを選びたい、と考える方も多くいると思いますが、ガスコンロには機能よりも先に見ていかなければならない点があります。その一つがトッププレートの素材です。トッププレートは、ガスコンロを使えば使うほど汚れが付着する部分のため、清掃などのお手入れも必要になってきます。また一番目に付く部分でもあるため、見た目が美しいガスコンロを考えているのなら重要視したい部分でもあります。トッププレートにはホーロー素材やフッ素コート素材、ガラストップなど4種類のものがあり、そのどれにも特徴があります。ホーロー素材やフッ素コート素材は、購入するときの費用も安く、お手入れの方法も簡単という特徴があり、ガラストップは見た目が美しく耐久性が高いという特徴があります。それぞれの素材の特徴とメリットを比較して、自分に合ったものを選んでいきましょう。

ガスコンロは、トッププレート以外もチェックすべき

ガスコンロを購入する際、トッププレート以外にも注目するべき点として、魚焼きグリルの種類と汁受け皿の有無のチェック2点があります。魚焼きグリルにも両面焼きか片面焼きか、片面であれば水を入れなければいけないのかどうかなど確認すべき点があります。両面焼きは上下で加熱するため、片面焼きよりも早く焼け裏返す手間もないというメリットがあります。逆に片面焼きは裏返さなければいけないものの、焼網に食材がくっつきにくいというメリットを持っています。また水有りと水なしもお手入れの違いや匂いや煙を抑える効果など、それぞれに特徴があるため、どちらがいいのか確認していきましょう。最後に汁受け皿の有無ですが、煮こぼれをしたときの対応やお手入れがしやすいかといった特徴がそれぞれにあります。ガスコンロを購入する際は、自分に合っているのがどのタイプかという点を検討して購入するようにしましょう。